扱いが難しい上級者向けのアイアン、ドライビングアイアン

ドライビングアイアンとは、アイアンの中でも特に1番をこう呼びます。
アイアンのジャンルでは抜群の飛距離を誇るので飛ばしたいときにはもってこいなのですが、扱いがかなり難しく、今はそれほど使われていないというのが現状です。
第一にティショットでは使わないということがあります。

せっかくの飛距離を活かす場面ではそれよりももっと飛ぶドライバーが存在しますから、使うことはありません。
そして、その次の場面であってもフェアウェイから飛ばしたいのならば、アイアンではなくフェアウェイウッドという選択肢の方が良いでしょう。

そちらの方が距離も出るし、さらに簡単に飛ばすことができるからです。
つまり極めて趣味的な使い方しか使い道がなくなってしまっているクラブとなるのです。

ただし上級者に限ってはその限りではなく、ヘッドスピードがある程度速ければ扱いに困るということはなく、ラフからも扱うことができ、飛距離も望めます。

もちろん、そこから飛距離を狙うという場面は少ないかもしれませんが、あらゆる場面に対応しているということは、使いこなせれば便利なアイテムに変わります。

ただし、上級者であってもその扱いには困るものがあり、近年登場したユーティリティーというクラブにその座を奪われている感もあります。

結果的にこれがしっくりなじむ、使いこなせるという人が、実用性というよりも長年使ってきたからということで使用することが多く、スコアアップのためにこれを使う場面は少ないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ