そのホールで優勝が決定する大一番、ドーミーホール

ドーミーホールとは、そのホールで優勝が決定してしまう可能性があるホールのことで、通常のストロークプレーの方式では言われることはありません。
これは1ホールごとに勝敗を決めていくマッチプレーにおいて使われる言葉です。
マッチプレーは18ホールで争われて、それぞれのホールでは勝敗を決していくのですが、トータルの対戦数が決まっているので、10ホールをとれば必ず勝つということになります。

1ホール目から勝利を重ねていって、10ホールになったときに連勝を続けていれば、そこを勝利すれば全体としての勝ちは絶対に確定します。
このときがドーミーホールと呼ばれることになります。

野球などでいうマジックと同じ原理で、ここを勝ったら絶対に優勝が確定します。
また試合の決着がつくという意味では、18ホールもそれに該当しますが、どちらかが優先で迎えるということが前提になります。

マッチプレーでは、勝っている方はアップ、負けている方はダウンと表現しますが、このアップ数と残りのホ-ルが同じになるとこのような状態になるために、それで計算することも可能です。

ただし18ホールを同点で迎えたときに、ドーミーというのはやや違和感があるために、人によっては使わないこともあります。
使い方自体は間違っていないので、使っている人もいるくらいです。

現実にはマッチプレーは最後まで勝負が決まらないということは稀ですから、このようなドーミーは試合の終盤によく見られます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ