スライスが矯正できる、初心者に優しいテンフィンガーグリップ

テンフィンガーグリップはベースボールグリップとも呼ばれるように、10本の指で握るグリップです。
この握り方は非力な女性や力のないゴルファーに向いていると言われています。
そして初心者でスライスに悩む人にとっても、これは救世主になるかもしれません。
初心者が陥ってしまうミスショットとしてはスライスが挙げられますが、この原因はフェイスがインパクトのときに開いてしまうことです。

ところがこのグリップをしていればフェイスが開きにくくなり、スライスが自然と矯正されてしまうこともあるのです。

さらに、通常のゴルフの握り方では小指を絡めたりといった独特な持ち方をしますから、これに違和感がある人にとっては、最もナチュラルな状態で持つことができます。

ただし、初心者のうちからこれをやってしまうと、あまりやっている人がいないので、手本にする人や情報も少なく、いざ上達しようとするときに他の人との違いによって戸惑ってしまうでしょう。

また、慣れていないとクラブと手の一体感を得ることができなくなってしまって、ちぐはぐな印象になってしまいます。

そしてスライスの矯正に役に立つと述べましたが、それは逆に閉じすぎてしまうということがあり、結果としてスライスは治ったがフックが出てしまうこともあります。

スライスに悩んでいる人にとっては一考の価値ありのグリップなのですが、このスタイルをずっと使っていくかの判断をするときには、自分にとってベストになっているのかを考えなくてはなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ