ティショットに使用するボールを置く台座、ティペック

ティペックとはティグラウンドで使うアイテムで、ボールを上に乗せてティショットをするために使います。
これがなければゴルフのスタートである第一打ができなくなってしまう、重要なものです。
材質はいろいろとあって、プラスチックや木製のものがあります特にこういった細かなものは忘れがちですが、もしも第一打でこれがなければ、後続のプレーヤーに迷惑をかけてしまうことがありますから、しっかり忘れないように携帯しておきましょう。

また、予備のためにもいくつか持っておくようにしてください。

また、中古では旧式のアイテムも販売している可能性もあるかもしれませんが、2004年からルールが改正されたことによって4インチ、101.6mm以下でプレー線を示したり、ボールの動きに影響が出てしまったりするようなものは禁止とされています。

だから中古で選ぶのならば、現在のルールに適応しているかを確認してください。
以前から愛用しているものがあるのならば、それも対応しているか確認をしましょう。

また、こういったアイテムはポケットに常備しておくことが多いことから、目印の代わりに使ってしまう人も少なくありません。
例えば、グリーンでボールマーカーが見つからなくて代用としてこれを使った人もいるでしょう。

実際にはこれは特に問題なく、ルール違反ではないので罰則はありません。

ただし、やはりアイテムは専用の目的がありますし、何よりも他の人の注意力を妨げてしまって迷惑ですから、どうしてもというときだけにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ