パターと同じ感覚で打つアプローチショット、チップショット

チップショットとはアプローチに使われるショットで、ボールを軽く上げるようにして、あとは転がしてアプローチをする方法です。
これは確実にピンに寄せるための安全策であり、多くのゴルファーが外せないときに利用していますが、これももちろんミスショットの危険性はあるのです。
アプローチショットの中では比較的やりやすく、ピンに寄せやすいのですが、もしもグリーンが速すぎてしまったら、ランがとてつもない距離になってオーバーしてしまうこともあります。

また、思ったよりも重いグリーンで止まってしまったという話もよく聞きます。

アプローチショットの中では、特にランが重要視されるショットなだけに、グリーンの速さを読み間違えてしまうと、寄せるどころかただオンしただけになってしまうのです。

距離感が非常に重要になってくる打ち方ですが、この距離感の作り方はほぼパターを同じだと覚えておいて、それを実戦できるようになれば、芝の読み間違いはあるかもしれませんが、距離感を間違えることはなくなります。

つまり、ストロークの幅で距離を出すということです。
パターと同じ要領でクラブを振っていけば、かなり易しくすることができ、それ自体の失敗はなくなります。

あとは方向性をしっかりとするために、フェースをターゲットに向けて固定して、手首を固めるように打ってください。

また、ストロークと距離感はクラブによっても違うので、自分がアプローチによく使うものがあったら、それを練習するようにすると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ