難易度の高いダウンヒルライからのショットは、名門コース攻略には必須

ダウンヒルライとは左足が下がっているライのことで、ここでスタンスをとって打とうとするには、それなりのテクニックを要します。
他にもつま先上がりや下がりのパターンがありますが、両足の位置が違ってきているということで、スタンスの中ではかなりの難易度を誇っています。
こうしたライで球を打とうとすると、通常とは体勢が違ってくることになるので、体重移動が上手くいきません。

その結果としてトップやダフリなどのミスショットを連発してしまう羽目になるのです。
そのため、トラブルショットの一つとして数えられることもあります。

ハザードからのショットのような難易度ということです。

ただし、難しいコースでは過度なアンジュレーションがかかっているので、こういった状態から打たなくてはならない場面というのは比較的多く、名門と呼ばれるコースを攻略するためには、ダウンヒルライの攻略も必須になってきます。

こういったショットの一番のポイントとしては、体重移動をしないことです。
ショットのときは体を安定させておいて、クラブヘッドがきちんとインパクトで切るような体勢を維持しましょう。

また、右ひざをやや曲げることによって、できるだけ水平を保つようにしておくことも必要です。
ただしこの状態で安定したショットを狙っていくには、練習が必要になります。

さらに、ショットがやや右方向に飛んでいく傾向があるので、ターゲットより左を狙わなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ