ミスショットの原因にもなる、過剰な体重移動が引き起こすスエー

スエーはスウェイとも表され、スイング中に体が左右にぶれてしまうことを言います。
中心が安定しないスイングになってしまいますから、ミスショットの原因となります。
具体的には、スライスや振り遅れ、ダフリなどが、スエーによって引き起こされると考えられるのです。
また、実はミスショットの原因としてこのスエーが一番多いといいます。

特にアマチュアゴルファーを脱してそろそろスコアアップを狙うという人にとっては、かなり厄介なものです。
なぜなら、それくらいのレベルになるとスイングというものが固まってきて、いつもと同じように振っていると思ってしまうことがあるからです。

ですがミスショットのときには体がぶれているということは、よくあることです。
まずは、自分がぶれていないかを鏡を見ながらチェックすることが大切です。

スイング中の頭の位置に気をつけて、誰かに見てもらうか、ビデオで撮ってあとで確認をするようにしてください。

また、腰の移動が大きいのも原因になっていますので、頭から腰までの体の軸がぶれていないことをチェックしましょう。

気持ちが前に出て無理に飛ばそうとするなど、体重移動を多くしている人はその傾向があります。
体重移動はスイングには必要なものなのですが、過剰に移動させてしまうと体がぶれる原因になってしまいます。

まずは頭から体の芯を通して一つの線を引くようなイメージで、これをあまりずらさないようなスイングを心がけてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ