一か八かの逆転を狙える、ブラインドへ打つショートカット

ゴルフは自然を相手にするスポーツですが、時には想像を超えるような戦略で、それを攻略することもできます。
その一つが、ショートカットと言われる戦略です。
これは主に、ドッグレッグと言われるホールで行われます。
ドッグレッグホールの特徴は、犬の足のように折れ曲がっていることです。

そのため、直線でティからカップを狙うことができなくなっているので、通常は迂回をして進むことになります。

その際に直線の進行を邪魔しているのは樹木などが一般的なのですが、弾道によってはそれを飛び越えて、一気にカップを狙うことだって可能なのです。

ただし、これには大きなリスクがつきまといます。
まず、目標がまったく見えないために距離感がつかみにくく、たとえ遮っている林を越えても、飛びすぎてOBをしてしまうということが考えられます。

また、距離やボールの高さが足りずに林に引っかかってしまうということもあります。
ショートカットは、プレーヤーにとってはかなりの賭けになるでしょう。

どうしても逆転をしなければならないときや、スコアが悪いときにはこれに賭けるプレーヤーもいますが、通常ではすべてのプレーヤーが狙っていくものではありません。

また、一般のプレーヤーがこれを試すときには、前の組の人がそこにいないことを確かめなければ事故に繋がってしまうので、十分に注意をしてください。

もし、確認をとれなければ、マナーとしてショートカットをしてはいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ