極めて特殊なクラブ「チッパー」の中の一つ、ジガー

過去に行われたフジサンケイレディーストーナメントで、横峯さくらが使用したことで話題を集めた、アプローチに特化したクラブがあります。
それがチッパーと呼ばれる特殊なクラブで、普通はセッティングには含まれません。
ジガーというのはこのチッパーの一種で、ロフト角が少ないものがそう呼ばれることがあります。

そしてこのようなクラブの特徴は、本当にアプローチショットに適しているように作られていて、他ではまったく使えないという点にあります。
極めて特殊で、クラブの販売店でもメインで置いてあるところは少ないでしょう。

この特色は、ロフト角が小さく、シャフトが短いことにあります。
そのために、パターのようにストロークをしてボールを打ち出すと、少し浮きながらコロコロと転がっていきます。

このランが基本となって、方向性さえ間違えなければ、極めて思い通りの位置につけやすくなるのです。
また、操作感はパターに近いことから、アプローチショットでアイアンがやウェッジがうまく打てない人であっても、簡単にすることができます。

そして、これは違反クラブではないことから、ルールには抵触しないもので、いくら使っても問題はありません。
分類的にはアイアンに属しているので、アイアンの条件を満たしてさえいれば、それは使ってもいいクラブです。

過去のモデルでは条件を満たしていないものが存在していたために、試合では使えないという誤解が生まれてしまいましたが、今のクラブなら仕様には問題はありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ