ドロップで救済したボールが打てないときは、再ドロップ

ボールが打てない場所に入ってしまったときはドロップをして救済をすることがありますが、それでもやはりまだ打てないときには、再ドロップをします。
もちろんドロップの一つですから罰則を受けなければなりませんが、特定の場合は罰則なしに再ドロップをすることもできます。
まず、ドロップをしたのだけれど、それがまたハザードに転がってしまった場合です。

ハザードを抜け出すときや、まったく関係ない場所から行ったのにも関わらず入ってしまったときは、罰則なしにもう一度行います。
またアウトオブバウンスへ行ってしまったときにも罰則はありません。

つまり、これでOBになってしまったとしてもそれはカウントされないことになって、やり直しができるのです。
また、もしも落ちた場所から転がって2クラブレングス以上転がってしまった場合にも、それはやり直しになります。

そしてこれはやり直しをしても良いということではなく、ルールブックにおいてはやり直しをしなくてはならないということで、これに違反してそのまま打ったらルール違反になるのです。

また、再びドロップをしようとしてもその球がなかなか取り出せない場所に行ってしまったり、見つからないような状況になったりするならば、ボールを取り替えても良いとされています。

なお、転がした球が再び動いた場合であっても、それはそのままプレーすることになっていて、罰則を受けたりや再ドロップをしたりする必要はありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ