真横からインパクトする、レベルブローとも言われるサイドブロー

クラブヘッドがボールにインパクトするとき、3通りの方法があります。
上方向から入っていくダウン、そして下から突き上げるように当たるアッパー、最後に横から進むサイドブローです。
また日本ではこういった言葉ではなく、独特なレベルブローという言葉も使われていますが、これは同じことを指しています。

どの番手で打つにしても、この方法ならば、それほど違和感なくクラブの性能を使うことができるということがあります。

本来のクラブヘッドにスピンがかかるような細工が施されているならば、この打ち方が一番その性能を引き出すとも言われていて、クラブヘッドの性能をきちんと出してそれを活用したいならば、サイドブローは必須の技術となるのです。

また、これが最も相性が良いのはフェアウェイウッドともされています。
フェアウェイウッドはクリーンショットで砂や土、芝を巻き上げない方法が適していますが、そのためにはこの打ち方が一番向いています。

ただしメリットだけではなく、この打ち方をするとボールが思ったよりも上がらなかったり、トップをしてしまう危険性があるのです。

またバンカーやアプローチなどのショットでは、この打ち方は向いているとは言えないものがありますから、使い分けをすることができればベターです。

今はクラブの性能が上がってきているので、この打ち方をしてもボールが適正な上がり方をするために、それほど意識的に変えなくてはならない場面は比較的少なくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ