コースの使用料金を表す、グリーンフィー

ゴルフをプレーするときにはさまざまな料金が必要となりますが、その最たるものがグリーンフィーです。
カートやキャディならばなしでプレーをすることも可能となっていますが、これは言うならばゴルフコースを使うことに必要になる料金ですので、削ることはできません。
一般的に利用料金とはベースであって、オプションをつけるとこの金額以上が必要になることが普通です。

また、グリーンフィーという言葉には違和感があるかもしれません。
プレー料金やプレーフィーという方が正しくもあるように思えますが、これはゴルフの醍醐味がグリーンにあったと昔は考えられていたからです。

グリーンがうまい人がいるとゴルフでは勝てないと考えられていて、ゴルフのプレーを代表するものだとされていたときの名残です。
ただし、今のゴルフ場はそれだけではなく、グリーンが苦手であっても十分に勝てるコースもあり、千差万別です。

近年ではプレーフィーという言葉も使われるようになってきて、一部のゴルフ場ではこのように表記されていることもあります。
これにはコースの使用料とともに、カートやキャディなども含まれていることもあります。

微妙な言葉の違いですが、これだけでどこまでが含まれている料金なのかは、各ゴルフ場の設定によります。
プレー料金と明記されているときは、確認をしなければ思わぬ料金が発生してしまいますので、注意してください。

しかし、この言葉が使われているときは、コースの使用料を表していることは、一般的に間違いありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ