砂や土を巻き上げないキレイなショット、クリーンショット

クリーンショットとは、その名の通りに砂や土を巻き上げない、ボールのみを捉える打ち方です。
ボールにのみインパクトをするということで、比較的正しいスイングと正確なショットから生まれると言えますが、必ずこの打ち方でなければならないという状況があります。
プロであっても土を削りながら飛ばすことはありますし、技術的にもそうしなければならない事態も発生するでしょう。

また、そうすることで良いショットになるという場合がありますので、ゴルフのマナーとして試みなければならないということではありません。

ただし、初心者がうまく打ちたいと言うならば、クリーンショットを目標にして練習するのがベストです。
なぜならば、正確なヘッドのコントロールが要求されるクリーンショットをマスターできれば、ある程度の対応が可能になると言えるからです。

しかし、正確に行うことはなかなか難しく、下手をしたらトップになってしまう場合もありますから、自信がなければ実戦では使わない方が良いでしょう。

特にフェアウェイウッドからなどは傾斜もやや存在しますから、それをあわせることは至難の業と言えるのです。

しかし、芝を傷めない、自然を大切にするゴルフの理念に沿って言えば、クリーンショットはベストなショットと言えますから、下手に意識をしすぎないでも良いのですが、なるべく打てるようになっておいた方がまわりのゴルファーからも尊敬の念を得られることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ