砲台グリーンとも呼ばれる、エレベーテッドグリーン

エレベーテッドグリーンとは、砲台グリーンのことです。
エレベーテッドグリーンは、一段高いところに作られていて、傾斜があるのでたとえグリーンにオンしたとしても、ランでオーバーしてそのまま落ちてしまうということがあります。
また、あまりにも手前に乗せてしまうと、戻ってきてしまうということが起こるために難易度が高い地点と言われています。

ここを狙うときには、まず花道があるのならば花道を利用した方が良いでしょう。

ライが良ければ良いほど狙いやすいので、できるだけ状態を良くします。
乗せるときはできるだけランがで出ないように、可能ならばロブショットを用いたほうがいいでしょう。

また、もしもそれが難しければ、低めのボールで狙うというのが得策です。
そしてセオリーとしては、手前から攻めていくということが基本になります。

このようなグリーンは奥に配置してあるのは、バンカーや深いラフなどがほとんどで、奥に行ってしまうとろくなことにならないことが多々あります。
もし奥へ行ってしまったら、パーで戻ってくるということはまずないと注意してください。

また、乗せにくいのならば、バックスピンが有効ではないかと普通は考えるのですが、あまりにもスピンをかけてしまうと、戻ってきてしまうことがありますから、場合によっては使えません。

やはり基本はオーバーをしないことです。
砲台グリーンの傾きにもよりますが、できるだけ手前に落とすように心がけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ