いざというときのために数種類は持っておきたい、ウェッジ

ウェッジはゴルフクラブの種類の一つで、ピッチング、サンド、アプローチなどの種類があります。
元々は飛ばすためではなく、距離が短いショットを打つように作られていて、それぞれに特化した場面があります。
またロフト角が違っているので、打ち上げる高さも変わります。

そのために、何本も持っておくことが好ましいのですが、クラブの本数には制限があるので、こればかりを持っていってしまったら、他のものが持てなくなる事もありますから、適宜厳選しておくことが必要です。

使い分けが明確にされているものもあって、特にサンドに関してはバンカーからの脱出用として使われています。
それに特化したものですから他のクラブとは性質が違って、ラフやフェアウェイからはあまり使えないものになっています。

しかしこれを持っておかなければ、バンカーにはまったときに困ってしまいますので、ほとんどの人はクラブの一つとして持っていきます。

そしてピッチングとアプローチは、グリーンへの寄せに特化しています。

ボールを高く上げて短い距離ですが、そこに落とすことができるので、落ちたあとの球が転がっていくランが少なく狙った場所にボールを止めやすくさせるのです。

これはロブショットと言われて技術が比較的いるショットですが、ウェッジを使うことによって、それが簡単になります。
簡単と言っても練習は必要になりますが、普通のクラブを使うよりは楽です。

また、ウェッジの種類によっても飛距離が変わってくるので、自分が得意な距離を持っていくとアプローチが楽になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ