しっかりとクラブを握れる、見直されてきたインターロッキング

インターロッキングとは、クラブを握るときのグリップの方法の一つです。
インターロックグリップとも言われるインターロッキングは、プロゴルファーもよく利用している方法です。
右利きの人は右手を下に左手を上にします。
そして左手の人差し指と右手の小指をロックするようにぐっと固定します。

さらにこの握り方をすると手首もしっかりと固定されることとなります。

少し前まではこの握り方は飛距離が短くなってしまうということで、あまり推奨されなかったのですが、実際はそこまで影響はなく、むしろしっかりと固定できるというメリットの方が大きいということで見直されてきました。

今では愛用者も多く、握り方の代表格と言っても過言ではありません。

さらにしっかりと握っていることの安定性は、特にアイアンなどで恩恵を受けやすくなっています。
正確なショット、正確なスイングをするためには、これでなければならないと思っている人もいるでしょう。

また飛距離が落ちるとも言われていますが、それは体全体でのスイングや、体そのものの柔軟性やバネなどでカバーすることもできます。

そう考えると、デメリットはそれほどなく、むしろスイングを安定させたい人にとっては、クラブをしっかりとグリップできるこの方法は最適です。

オーバーラップグリップが最もクラブの握り方でメジャーとされていて使っている人も多いのですが、違和感があるようならば、これを試してみる価値は十分にあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ