自然を相手にするゴルフでは強敵となる、アゲンストウインド

アゲンストウインドは略してアゲンストというときもありますが、これは、向かい風が吹いているということを意味しています。
ゴルフはボールを飛ばすスポーツですから、当然風の影響を受けてしまいます。
そこへ向かい風が吹いていると、飛距離が落ちてしまいます。
特に風というのは上空の方が強くなる傾向があるので、プレーヤーが感じる風がやや強いというときには、上空にはかなり押し戻す力が働いているというケースが多くあるのです。

だからこそ自然を相手にするゴルフでは、こういった風を読んでおくことも非常に重要です。

特に向かい風に関しては、まずドライバーなどの第一打では飛距離が圧倒的に落ちてしまいますし、アプローチなどでは距離感を間違えて、グリーンに届かなくなってしまう事もあり、厄介なものになっています。

これを回避するためには、意図的に低い弾道の球を使うという方法があります。上記のように上空の方が風が強くなっているので、できるだけ影響を受けないところに飛ばします。

ただし、ボールが上がらないということは、イコールそれほど飛距離が出ないということにもなり、どちらを選ぶかはそのときの風の強さ次第です。

風は一定方向に常に吹いているとは限らないので、予想外の弾道にならない、リスクマネジメントのために低い球の方が好まれています。

とは言っても、意図的に低く打ち出すことはかなりテクニックがいるので、習得するためには練習が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ