難易度が高くリスキーなアプローチショット、ロブショット

ロブショットとは、高く打ち上げて、短い距離にポンと落とすショットのことです。
高く上がっているということはそれだけ前方への力が少なくなっているから、アプローチのときなどに狙った場所にボールを配置することができますが、これを使っている人はかなり少ないというのが現状です。
女子プロレベルでも一部の人しか使っていないということで、そうそう見られるショットではありません。

なぜならば、失敗したときのデメリットが大きいからです。
一番のデメリットは、このショット自体がまず失敗のショットになってしまうと言うことです。

ロブショットは打つのが難しく、距離を合わせて打つということはかなり難易度が高くなってしまいます。
それが必要になる場面を作らないようにすることが、実際にこのショットを使用するよりも簡単だと言われているくらいです。

このショットを打つためにはフェースを開いて大きく振って、インパクトのときのヘッドスピードを打ち上げるために使うということが大切になってきます。
かなり精度の高いヘッドコントロールが要求されることになり、それ相応の練習が必要となってきます。

ランがまったく無く打てるようになるというのは、おそらくかなりの練習が必要になってきて、下手をすれば普通にアプローチを練習した方が上達するのではないかと言えるくらいです。

失敗率の高い非常にリスキーなショットですから、練習のときに自信が持てるようになるまでは、使わない方が無難です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ