グリーンではよく行われるリプレースは、必要時でなければ2打の罰則

リプレースは、ゴルフでボールをいったん拾い上げてから手元の場所に置くことです。
あるがままの状態でのプレーが基本のゴルフでは、このようなことは珍しいと思われがちですが、実は良くやられています。
なぜなら、最もリプレースをするときとしては、グリーンがあるからです。

グリーン上に乗ったボールは、他の人がパッティングするときは邪魔になってしまうので、マーカーをおいて拾い上げます。
そして自分のときにはそこに再び置くという手順を取るのですが、これがリプレースになります。

そうした理由で、よく行われていることなのですが、注意が必要なのは、他にどのような場合があるのかということです。
罰則がないときとなると、あとは自分のボールか確認をするために拾い上げたときです。

打ち込んだ場所がもしもラフであって、さらに深く草が生えていて、そこにボールが二つあるようならば判断に困ってしまいますが、そのときに確認するのは問題なくすることができます。

ただしバンカーで埋まってしまってそれを確認するために必要というときも可能なのですが、それを拾い上げてしまったら、また同じような状況で埋めなくてはなりません。

なかなか難しいことですので、かなり判断に迷うときだけ確認をするようにしてください。
またこれをしてはいけないときに勝手にしてしまうと罰則を受けることになります。

その罰則は2打のペナルティーになりますので、比較的重い罰則になります。
スコアにもかなり響くので、できるだけしない方が賢明です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ