リカバリーショットの成功がスコアを大きく上げる

リカバリーショットとは、ゴルフで不利な状況から立て直すときのショットのことです。
具体的に不利な状況というのは、深いラフに入ってしまったときや、バンカーに入ってしまったときのことを言います。
ゴルフはさまざまな要素からコースがなっていますが、その中にはハザードと言われる障害があります。

その中に打ち込んでしまうことは、プロであってもやってしまうことで、ここからの立て直しの成否によって最終的なスコアも大きく変わってくるのです。

リカバリーショットの最も簡単な物は、とりあえず抜けるということです。

深いバンカーやピンを狙いにいくと、どうしても高いあごが立ちふさがって打てないということはよくあることで、そのときは脱出のために一打を費やすということになります。

もちろんその分スコアを落としてしまうのですが、無理に挑戦をしてさらに深みにはまってしまう事もあり、このときの戦略がこれからの展開を変える重要な物になります。

ハザードから慎重に抜け出すためにするゴルフは、堅実なゴルフと言われていますし、逆に脱出をしながらさらにピンに近づけるようなプレーは、アグレッシブと評価されることになります。

どちらが良いかは人によって意見が分かれるところですが、最終的なスコアが良ければそれは正しかったと評価されることになります。

実際のスコアは、窮地からの挽回であるこのショットがどれだけ正確に、そして戦略的に打てるかで決まるほど大切なショットです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ