アプローチを簡単にできる、ランニングアプローチとは

ランニングアプローチは、グリーンまわりからピンを狙うときの手法の一つで、アプローチの中ではメジャーであり、なおかつ初心者でもできることから人気があります。
その方法とは転がすということです。
転がしてボールを寄せるので、間違って飛ばしすぎてしまうというミスは起きにくく、方向性もある程度はコントロールしやすくなっています。

実際にランニングアプローチをするときはクラブ選びが大切になります。
アイアンを使うのならば番手が高い物を選ぶと良いでしょう。

さらにイレギュラーなことですが、パターを使ってだってできます。
グリーンがかなり近くて、ライも良いということになるのならば、邪道と思われるかもしれませんがパターを使うということは最も確実な方法です。

ランニングアプローチをするときは、打ち方をいつもと違った物にしなければなりません。
まずスタンスは飛ばすのではないので、自分が最もクラブをコントロールしやすい状況にすることが大切です。

方向性があっていて、ミートすれば問題はないので、ただ正確に当てるということが一番です。
そしてクラブを持つときもできるだけ短く持つようにしましょう。

またコンパクトスイングでボールをポンと当てるようなイメージで振りましょう。

ただ、難しいのは飛距離のコントロールで、これを確実な物にするためには、なるべくボールを上げないということでしょう。

ただしアイアンで難しいとなれば、それこそ邪道ですがパターの出番となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ