さまざまな状態があるラフは、戦術によって利用できる

ラフはゴルフコースの要素の一つです。
フェアウェイは短く狩られた芝で統一されていますが、この場所は荒れていて地面がむき出しであったり、芝も刈り込まれておらず、生え放題になっている、いわば手入れがされていない場所になっている場所のことです。

そして芝以外の植物も生えている事もあって、本当に自然のままの状態が維持されている場所ということができます。

ここに打ち込んでしまったら、幸運ならばフェアウェイとあまり変わらないような状況で次の打球を打てる事もあれば、荒れた草でボールが見えないような状況で打つしかないということもあります。

一口にラフと言ってもその状況は千差万別であり、場合によってはまったく難しくないときもあり、それほど恐れることはないコースとなります。
しかし、ホールによってはここに飲み込まれてしまうと、通常のプレーさえも困難になってしまうようなことも起こり得ます。

また、植物に覆われるようにボールが中に入ってしまったときに、それを拾い上げて植物の上に乗せるということは罰則規定に当てはまり、やってはいけません。

どんな状況であっても、そのままを維持して打たなければなりません。
またどうしても打てないと判断したときには、アンプレヤブルの宣言をして罰則を受けた上で、適切な位置に置くことも可能となっています。

ただし、絶対打っては行けない場所ではなく、ホールによってはラフを利用してショートカットするなどの戦術もあり、その辺りはプレーヤーの判断にゆだねられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ