手が乾いていて、柔らかい感触が好きな人にオススメのラバーグリップ

ラバーグリップとは、ゴルフクラブのグリップの素材がゴムでできている物です。
クラブに使われる中では、最も一般的な素材となっています。
他には樹脂を使った物があります。
他にも糸を織り込んだ物があり、こちらはコード入りなどと言われています。
グリップを大別すると、ラバーグリップかコード入りかに分かれるほど、この二つが大半を占めています。

固めのグリップが好きな人や、手に汗をかきやすい人はコード入りにした方がいいでしょう。
しっかりと持つことができて、グリップも安定しますし、汗をかいたとしてもそれほど滑ることはありません。

逆にラバーグリップは弾力があって持ちやすいのですが、手が汗で濡れていると滑ってしまうということが考えられます。
しかし乾燥している手の人には、非常にフィットして安定したスイングを可能にしてくれます。

またシャフトが柔らかく感じられるというメリットもあり、しなやかなスイングをしたいという人にはフィーリング的には合っている可能性が高いです。

しかし、ゴムの厚さによっては持った時の感触がかなり変わってきますので、どれも同一の感触があるということは言えません。
さらに同じ種類の製品であっても、感触はかなり変わってきますから、その辺りは実際に確かめなければなりません。

そして単体で見るのではなくシャフトに装着してから確かめてみなければならないので、確認するときはシャフトに装着した状態の物を探してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ