グリーン上ではラインの読み方がパッティングの正否を分ける

ラインとは、ゴルフ用語でパッティングのときにボールが転がっていく線のことです。
そして、このラインを読んでパッティングすることで、カップインが可能となり、グリーンでのスキルが格段に上がることになるのです。
しかしこれを読むことはかなり難しく、さまざまな要素が関連してきます。
まず芝です。

芝の硬さによっては影響を与えてしまうので、ボールの方向がずれてしまうことになり、予測にも大きく関係しています。
そして傾斜もかなり関係してきます。

一見フラットに見えるグリーンであってもわずかな傾斜があって、それにボールが影響されてしまうからです。
ただしこれらの影響を読み切ったからと言って正確に読めるということではなく、ボールの速度によっても影響されます。

例えばボールが速く強ければ、直線的に進みますから、それほど影響を受けないことになるので、打ち方によって予測も変えなければなりません。
力具合とグリーンの読み方をコントロールしながら、パッティングをする技術が必要になります。

実際に読むときはできるだけ低い位置から見ることが重要です。
上から見ていたのでは傾斜などは見えなくなってしまうからです。
また周辺環境を考慮することもあります。

例えば近くに小川があるようなグリーンならばそちらの方向に流れている可能性が高く、芝もそちらの方に生育している頻度が高くなるのです。

さまざまな要素から理想的なラインを読み取って、それにあわせた力でパッティングすることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ