ゴルフ用語で、ボールがある状態のことをライという

ライとは、ゴルフ用語でボールがある場所の状態を指します。
例えばボールが次のショットを非常に打ちにくい状態にあるのならば、ライが悪いと表現します。
またこの状態が悪いにもいろいろな種類があります。

例えば起伏が激しくて足場がしっかりとしないというときも、たとえボール自体は平坦な場所にあったとしても、打ちにくいことから悪いと表現されることもあるのです。

また、純粋に深いラフに入ってしまってボールが見えないような状況でも、もちろん悪いという言い方をします。

特に地面のでこぼこというのはプレーヤーを悩ませる問題となっていて、これは練習場では再現することが難しく、その起伏の度合いもかなり種類があるので、ひとえに練習場で練習したからうまくなるというものではなく、実際にラウンドでプレーしなければ上達はしないと言われているのです。

特にライが平坦ではない状態というのは、練習することが難しいので、経験が生きるスポーツということがよく言われています。

多くの経験をしたプレーヤーはそれだけさまざまな場所に対応することができるようになります。

だからこそ、こういった難しい場面での経験もただスコアを落としてしまうだけではなく、次に生かせるのです。
そしてたとえ状態がとても悪いからと言って、ティグラウンド以外では改善してはいけません。

もしも改善しようとしてしまったら、2打の罰則になり、重いペナルティを受けてしまいます。
ティグラウンドでは、でこぼこを改善しても良いとされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ