理想的なかたちでパッティングを決める、寄せワン

寄せワンとは、グリーンへのアプローチをしたあとに、一発でカップインさせることです。
ゴルフではアプローチのことを寄せと言いますが、それで寄せたあとに一回、つまりワンで入れることからこういった言い方をします。
そして、難しいパッティングを決めるということよりも、理想的なアプローチをするということがこの言葉ではよく言われています。

つまり寄せワンのためには、ぴったりとカップに寄せておくことが重視されていて、パッティングの技術の表現ということではなく主にアプローチ技術に関して言うことの方が多くなっています。

また、これができているといないとではかなり成績が違ってきます。

規定打数は、通常はグリーンにオンしてから1打で入れることを想定して決められていることが多く、グリーン上からのパッティングの回数というのは一回が理想的ということが言えます。

もしもそれができたのならばスコアとしては理想的なかたちと言えるのです。
ただし、一般的にプロや上級者が使うときには、また違った意味も持っています。

結果的にパーで終わったということにこの言葉を使うのです。

それはホールが予想するような理想的なゴルフ運びをしたという意味合いでも使われますが、上を目指しているのならば、最低限のラインのスコアを残すことができたという意味合いも含まれています。

そしてスクランブル率というものが、これをどれだけ達成しているかという割合になっていて、選手の成績を見極めるデータになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ