ゴルフでの距離を表す単位、ヤードは90センチと覚えておく

ヤードはゴルフのときに使われる距離の単位です。
もちろんゴルフ以外でも使われる言葉ですが、主にゴルフでは距離を表す時に、メートルではなくこの単位を使います。
特にゴルフコースでホールの長さを表すときには、250ヤードなどと言って、こちらの表現が一般的です。
ヤードをメートルに換算すると、0.9144メートルになり、実際には1メートルに足りないくらいになります。

250ヤードだったら、228.6メートルになります。
だいたい90センチくらいと覚えておくと良いでしょう。

特にゴルフコースなどではティマークにこの距離が刻んでありますから、それを即時に換算するためには、分かりやすく90センチで覚えておいた方が良いでしょう。

あまり細かく覚えておいても、計算が難しくなってしまいます。

またショットの飛距離にもこの単位が使われていて、特に飛距離を伸ばしたい人にとっては自分のドライバーがどれくらい飛ばせるかというのは興味が尽きない点です。

一般的には300が目安の数字とされていて、これだけ飛ばすことができればと憧れている人が多くいます。
アマチュアゴルファーにとっての最初の目標が300ならば、次の段階としては350があります。

もちろんここまで飛ばせる人はかなり稀で、技術だけではなく、腕力や体の強さも必要となってきて、人によっては実現不可能な数字となっています。

ただ300ならば誰であっても、理論とテクニック、そしてトレーニングによって到達できるかもしれない数字として、憧れを持たれて挑戦されているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ