コースの難易度をぐっと上げてしまう、マウンド

マウンドは野球ではピッチャーが投球する場所を指しますが、ゴルフでは違った意味を持っています。
ゴルフでこう呼ばれる物はコースの中のこぶです。
フラットなコースとは対照的に、マウンドが多いというコースはでこぼこしていると言うことです。
ゴルフにおいてはかなり気をつけなければならない物になっています。

まず、この上にボールが乗ってしまったときは、打つのにも工夫が必要になります。
まず高い位置に球があるので、スイングがしにくくなっています。

アドレスも取る場所もかなり限定されてしまいますので、場合によっては、かなり不自然な体勢で打たなければならず、なかなかそのショットは成功しません。

下手をしたらリカバリーするだけで精一杯ということにもなりかねません。
また、次の打球を邪魔してしまうという事もあります。

こぶの中には比較的高くなっている物もありますから、眼前にそびえて打球の邪魔をしてしまうという事が起こるのです。
こうした場合にはテクニックで高い打球を打ち上げてかわしていくのか、それとも他に逃げるしか道はありません。

こうなってしまったら、確実に一打は損をしてしまうということになります。

さらに都合が悪いことに安全と思われているフェアウェイであっても、これは存在しますから、フェアウェイに打てば次の打球は心配ないということはありません。

フラットなコースならばそれほど問題ともなりませんが、マウンドが多いコースというのは、打球の落下地点にも常に気を配らなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ