良いスイングのために絶対必要な正しいポスチャー

ポスチャーはよくゴルフで使われる言葉ですが、日本語で言うところの「姿勢」に当たります。
耳慣れない言葉に戸惑うかもしれませんが、ゴルフの世界では,特にアドレス時の姿勢に関して頻繁に使われます。
そして正しい姿勢が作れなければスイングも上手くいかず、ゴルフのスイングはここから始まると言っても過言ではないでしょう。
良いショットのために、ポスチャーをしっかりと確立しておくことが第一になります。

最初にしなければならないことは、背筋をまっすぐにして立つことです。
そして両足は肩幅より狭くして広げます。

丁寧に頭を下げるように軽くおじぎをして、お尻を突き出すように足の付け根から体を曲げるようにします。
ここでも背筋はしっかりと伸ばしてください。

そして腕を力を入れずだらんとたらして、両ひざを軽く曲げます。
ぶらんとさせている両手を真ん中で合わせてグリップを作ります。

そして右手を左手よりも少し下にして肩も同時に下げます。
そのときに背骨をやや横に曲げるとさらに良いです。

最後の仕上げとして、クラブを握って体重が安定する位置を探します。
つま先からかかとまで体重をかけていって、自分が安定した場所を探してください。

そして最もバランスがいい位置が見つかったら、それが正しいポスチャーということになります。

基本はこれでできると思うので、あとはスイングをするだけですが、違和感があるようならばひざの曲げ具合や背中の傾きなどで調整をしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ