スイングの理想型の一つとも言われる、ボディターン

ボディターンはスイングの方法の一つで、ある意味理想のかたちと言われています。
手だけで振ってボールを打つのを「手打ち」と言いますが、これらは体をひねって、体全体の力を使ってスイングをすることになります。
通常バックスイングをすると体がねじれることになりますが、スイングをすればそれが解消されます。

これは当たり前の動作なのですが、それだと体ではなく手で打っているということになり、ボディターンにはなりません。
ではどうしたらいいかと言うと、そのねじった体のままでスイングをするということになります。

体の動きとしては非常に不自然なものになっていますので、なかなか意識してもうまくできないことも多く、さらにこのスイングをやろうとしてフォームを崩してしまうという事もあります。

どうしても意識してしまうとクラブを持った手に集中してしまいますが、右股関節から左への体重移動ということに気をつけておかなければなりません。

これはなかなか難しく、頭では分かっていてもうまくできないという人も多いです。

プロの中にもこのフォームを苦手としていて使っていない人も多くいますので、絶対に必要な物とは言えませんが、手に入れたときはスイングが見た目からしてダイナミックになります。

そしてこのフォームを覚えてしまえば、通常よりも飛距離が伸びると考えられますが、かなりの反復練習が必要ですし、専門家によってもこれが絶対に良いかというのは意見が分かれているところです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ