地面むき出しのベアグランドでは、クラブのコントロールが重要

ベアグランドとは、芝などが生えていない、または生えていてもかなり短く地面がむき出しになっている場所のことで、ここからのショットには少し注意が必要になります。
なぜならば芝などがあればそれがクッションとなって多少はボールが浮いているのですが、地面にぴったりと接しているということで、クリーンヒットしにくくなっているからです。

ここからのショットには繊細なクラブさばきが要求されます。
地面を叩いてしまわないように、クラブは短く持ってコントロールをしやすいようにしてください。

そして、ボールをいつもよりも右に寄せることによって、低く打ち出すことができます。
また、クラブの選び方にもポイントがあって、ロフトが立っている物を選ぶようにしましょう。

ロフトが寝ていては、ボールへの設置面が少なくなってしまうからです。
もちろんクラブコントロールに自信がある人はこの限りではないのですが、できる限り狙いやすいクラブを使うようにしてください。

特にアプローチの場面でベアグランドに遭遇することが多くなり、ボールを上げようと意識しすぎてミスショットをしてしまうというケースがあります。

そのときは、あまり高く上げることは考えないで、ロフトに任せて打ちましょう。
ボールを上げるのはロフトの仕事で、きちんとしたショットができれば上がるはずです。

ベアグランドではとにかくボールへきちんとインパクトをするために、コントロールをしっかりすることを念頭に置いてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ