ヘッドスピードに合ったシャフトで飛距離を伸ばす

スイングで一番気になるのはヘッドスピード、と言う人も多いのではないでしょうか。
ヘッドが速ければ速いほど飛距離に直結すると思っている人も多く、腕力を鍛えて、いかに速くクラブを振ることができるかをトレーニングしている人も多いでしょう。
ただし、この意識が強すぎて力を入れて速く振るということがスイングの基本となると、かたちが崩れてしまって、逆に飛距離が伸びなくなるということもあります。

ヘッドスピードはもちろん飛ばすには必要不可欠な物になってくるのですが、それだけを意識して本来のスイングができなければ、飛距離は望めません。

飛距離を伸ばすためには、現状のスピードを上げるのではなく、それに適したクラブを選ぶという方が近道になります。
なぜなら、シャフトのしなりが大きく関係してくるからです。

テイクバックからインパクトの間のシャフトにはしなりが生じます。

そしてインパクトのときにはその揺り戻しがボールに力を与えることになるのですが、ヘッドスピードとシャフトの硬さが合っていないと、まったく意味がない物になってしまいます。

つまりヘッドの速さというのは、上げるのではなく、しなりを利用できる物に合わせた方が飛距離が伸びるのです。
だからこそ、自分の速さをゴルフショップなどで確認をして、それにあった硬さのシャフトを見つける方が先決です。

もちろん速さを上げるのは良いのですが、そのときはクラブを変えることも同時にしなければ、意味はありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ