さまざまな種類があるヘッドカバーで、個性をアピール

大切なゴルフクラブを傷から守る物として使われるのが、ヘッドカバーです。
ゴルフクラブを購入すると、そのメーカーのロゴが入った付属の物がついてくると思うので、そちらを使っている人は多いでしょうが、それだけでは味気ないという人のために、今は多くのアイテムが用意されています。

もちろん、クラブの自慢をしたければメーカーロゴが大切になりますが、みんなが同じような物を使っていては分かりにくくなってしまうことから、そこで個性をアピールすることだってできます。

世界的なプレーヤーもこのアイテムで、自分をアピールしていることだってあります。
虎のヘッドカバーは、タイガーウッズが使用した事もあり、彼の代名詞にもなっています。

世界的に有名なヘッドカバーということができます。

日本ではあまりないのですが、特に海外のLPGAなどでは、自分専用のアイテムを作ってそれで個性をアピールしていることが多く、見ているだけでも楽しめますし、それを見るとプレーヤーが分かるという利点があります。

また最近はキャラクター商品も出てきていて、お気に入りのキャラクターがいれば使いたくなる物ばかりです。
「ドラえもん」や「キティちゃん」など日本を代表するキャラクター商品ばかりですから、プレゼントにも喜ばれるのではないでしょうか。

作り自体はそこまで難しい物ではないので、こういったアイテムは機能性が落ちるということはないので、お気に入りを見つけたらぜひ手に入れてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ