ミスショットの原因はヘッドアップではなく、ミスショットだから頭が上がる

ヘッドアップとは、構えたときのアドレスとインパクトのときを比べて、頭が上がってしまうことを言います。
ミスショットをしたときに、ヘッドアップをしてしまうことが多いことから、ミスに繋がる最大の要因になっていると思われています。
特に初心者の人は、インパクトまでボールから目を離さないということができないからヘッドアップをしてしまうと思いがちで、これが直接ミスショットに繋がっていると考えています。

実際の原因はそれだけではありません。
頭が上がってしまうということは体がぶれているということなので、しっかりとした軸を持ってスイングをしていないということがあります。

頭が上がったからミスをしてしまったのではなく、ミスだから頭が上がってしまうのです。
また、体重移動がスムーズに行われなく、ぎこちないものになってしまっても、頭が上下してしまいます。

基本的なスイングのかたちがしっかりしているのに頭が安定しないという人は、軸をしっかりともって体重移動をスムーズに行うことで改善することが可能です。

それ以外でも、クラブを振り遅れてしまうということがあります。
振り遅れてしまってはアドレスと同じ位置にインパクト時のクラブを持ってくることはできず、体が開いて結果的に頭も上がってしまうのです。

この場合はクラブのシャフトを変えるか、スイングの見直しをしましょう。

振り遅れの場合は特に、無理に頭を固定しようとするとスイング自体が崩れてしまいますから、注意してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ