極端なインサイドアウトが招くミスショット、プッシュ

プッシュとは右プッシュやプッシュアウトとも呼ばれる、ミスショットの一つです。
きれいなスイングをしたとしても、これが出てしまったら、ボールは右に飛んでいってしまいます。
これには多くの原因があり、それらを解消していかなければ治りません。
一番大きな原因は、ダウンスイングをするときにシャフトが寝てしまうということです。

必然的に軌道がインサイドアウトになってしまい、インパクトのときはヘッドが押し出すようになって、右にボールを飛ばしてしまいます。
つまり、バックスイングからダウンスイングにかけてシャフトを寝かせないようにしておくことが大切です。

シャフトが寝ていても一見してきれいなスイングに見えることから、自分にこの原因があるということを感じにくいことも、これを直すのに厄介な要因でもあります。

ここで意識しなければならないのは、左手の甲の方向です。
ここを気をつけるだけでシャフトが寝てしまうことを避けることができますが、そのためにはしっかりとしたグリップも必要になってきます。

ダウンスイングのときに左手の甲が上を向いているようならば、シャフトが寝ているということなので、それで確認をしてください。
この点に気をつけてスイングしてみればインサイドアウトではなくなりますから、ミスショットが出ることもなくなります。

また、それでなくてもクラブをインから振ってしまっている人は、このミスが出てしまう傾向がありますから、軌道には気をつけてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ