ドライバーがラインナップを揃えた事で、出番が減ったブラッシー

ブラッシーは2番ウッドの別名です。
1番ウッドはドライバーと呼ばれているように、2番ウッドにも別名がありますが、現在このブラッシーはかなり使用頻度が下がっています。
その理由はやはりドライバーと大差がないと言う事にあります。
ドライバーとの最も大きな違いは、ウッドは番手が上がれば打ちやすくなり扱いやすいという事ですが、1番程度ならばそれほど変わりません。

ドライバーが苦手な人なら、2番ではなく3番のスプーンを選ぶという事が妥当な選択になります。
最も、2番は打てるけれども、どうも1番ではしっくり来ないという人は使います。しかし、そういった人は少ないでしょう。

また、ロフト角で選ぶという事も過去にはありましたが、今は標準のドライバーであっても幅が広く、ロフト角が2番と変わらないものもある事から、わざわざ飛距離で劣るものを選ぶ必要性もありません。

完全に1番が2番の利点を食ってしまっているかたちになっています。

事実上スペック的にはまったく変わりがなく、飛距離が落ちてしまい、さらには商品自体もドライバーと比較すると少ないので、多くの選択肢の中から選ぶという事もできません。

貴重なクラブセットの中に入れるにしては、まったくラウンドで使わない可能性も出てきてしまうので、最近は人気がありません。

ただし、今でも愛着があって愛用している人はいますし、ドライバーの調子が悪いときは切り替えて使うなどの方法もある事から、まったく無くなってしまうという事はないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ