日本だけで通用する言葉、ブービーを作るブービーメーカー

ブービーメーカーとは、その名の通りにブービー、つまり最下位から2番目の人を作ってしまう人という事で、最下位の事を指します。
これは和製英語で、日本でのみ通用する言葉になっています。
それはブービー賞を最下位から2番目に設定するのは、日本独特の習慣だからです。
もしも最下位に設定してしまうと、下手なプレーをすればとれてしまう事から、自分で狙う事ができないように設定されています。

だからこそ、日本ではこの賞に豪華な賞品をつける事があり、たとえ成績が悪くてもそれほど悪い気がしないという事になっています。
日本人ならではの心配りという事が言えるでしょう。

また、ゴルフにはハンディキャップが設定されているので、初心者であってももしかしてと思わせる狙いもありますから、参加者のモチベーションを落とさないためにも、ブービー賞が最下位に与えられたらあまり都合がよくありません。

またブービーメーカーという言葉で最下位という事を合えて言わないという事も、心配だからかもしれません。

また、ブービー賞というもの以外にもゴルフの大会やコンペには多くの賞が設定されていて、5位や10位などキリが良いところで与えるという事もあります。

これもブービー賞と同じで、途中でトップが確実にとれなくなる事が分かるゴルフでは、プレーヤーのモチベーションを上げる役に立っています。

またそれ以外にも、ドラコンやニアピンなど、コンペによっては細かく賞が設定されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ