レギュラーで最も良く使われるティ、フロントティ

フロントティとは、ティの中でも一番距離が短いものの事を言います。
一般的にティマークによって距離が分けられていて、その色で判断する事ができます。
と言っても統一規格がない事からゴルフ場によってさまざまですが、多くが赤は距離が短く、長くなるに従って白、青となっている事が多いです。
フロントティは、レギュラーティとも呼ばれ白が目印の場合が多いです。

赤のティーマークの場合は距離が一番短いという事から女性が利用する事も置く、レディースティと呼ばれている事もあり、これはゴルフ場によってさまざまです。

レギュラーとも呼ばれる事から、ここから始める事が一般的とも言われていて、多くのゴルファーが使っています。

スコアカードでもティーマークごとにヤード計算がされており、1件たった10ヤード違いでも、実際打って初めて見ると、コースの難易度がとても変わりますので、初心者のかたは、必ずフロントティであるレギュラーティでプレーを楽しむようにしましょう。

また、それぞれのティマークには、難易度を示すコースレーティングが記載されている事が多く、打数や距離なども表示されています。
スタート前に確認をしておくと戦略も立てやすくなり、スムーズな進行ができます。

また、距離が一番長いものを対照的にバックティと呼ぶ事もあります。

これもゴルフ場では呼び方が変わってきてチャンピオンシップティなどと呼ばれている事もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ