ゴルフの代名詞とも言えるパワフルなショット、フルショット

ゴルフの一番の花形とも言われるのが、このフルショットです。
テイクバックを思いっきりして、力の限り打ち切る、そしてフォロースルーをしっかりとしてフィニッシュする、この一連の流れは、ゴルフの代名詞にもなっています。
ただし、初心者がこのようなショットをするにはかなり難易度が高く、多くの人はハーフショットと言われる、テイクバックを地面と水平くらいにとどめる打ち方、またそれよりもやや上げるくらいでとどめているでしょう。

また、ドライバーのみをフルショットしているというプレーヤーもいるくらい、これは花形であるとともに難易度が高く、またそれができたからと言って、即スコアアップには繋がらないという事があります。

まず力任せにショットをしたからと言って、飛距離が伸びるとは限りません。

無理に力で打つよりも、ハーフショットで遠心力を利用した方法の方が確実な飛距離と正確性があるのならば、フルショットの必要はなくなってしまいます。

では、フルショットは必要ないのかと言うとそうではなく、本来の方法でやれば飛距離も伸びて正確性もあります。
ただし、これは熟練の技術が必要です。

もちろんゴルフをやる人にとっては気持ち良く打つという事はとても大切ですから、まったくしないという事はありえませんが、それなりの練習を積んでから挑戦した方が良いでしょう。

パワフルなスイングと、繊細なスイング、二つを併せ持つ事によって、ゴルフのスコアアップが望めますが、やはりゴルフの花形であるスイングですから、ラウンドに出るときまでには身につけておきたいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ