テイクバック前の予備動作、フォワードプレスは最初の動きで

フォワードプレスとは、スイングするときに、テイクバック、つまりクラブを後ろへ振りかぶる前に手と腕を少し左にプッシュするような動きをする事です。
アマチュアゴルファーであっても無意識のうちにこれをやっている事も多く、とりわけ難しい動作という事ではないのですが、意図的にしようとするとかなり難易度が上がります。

アドレスからテイクバックにもっていくときに、いきなり動くのは抵抗がある、またはちょっと体の動きとして不自然だという人は、自然と身に付いていますが、それが正しく機能しているかという事は別問題となってきます。

実際にフォワードプレスをする一番の目的は、スイングを始動させるタイミングをつかむためです。
逆方向へ少し押し出す事によって、その反動でテイクバックがスムーズになります。

そして、そのままインパクトからフォロースルーまでの流れを作ります。
ただし、それを無意識にやっている人がすべて上手くいくかと言うと、それをする事によって動きがバラバラになってしまう事もあります。

一番簡単にうまくする方法としては、手や腕を前に出すのではなく、体全体を使って、へそ当たりを左に向けるという方法があります。
へそならば、手や腕に余計な力が入ったり、グリップが変わってしまうという心配もありません。

それに最小の動きでテイクバックへの反動を得る事ができますから、自分のスタイルを維持したまま、スイングへ入る事ができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ