飛距離を伸ばすには必要不可欠なフォロースルーの動き

フォロースルーとは、スイングの一連の流れの中で、インパクトをしたあとにフィニッシュのかたちにもっていくまでの事を指します。
プロは流れるようなスイングで、インパクトした後も右手がしっかりと伸びていますが、初心者やアマチュアゴルファーはなかなかそうもいかない事が多いです。
その理由は、当てて終わりになってしまうという事があります。

初心者はフェースの正面でボールを捉えるという事を意識しすぎて、インパクトの前にブレーキをかけて正確なショットをしようとしてしまいます。
そのため、球に当てた後の動きが悪くなってしまって、左脇が開いてしまうかたちになってしまいます。

この後に無理にフォロースルーをしようとしてもぎこちなくなってしまいますし、あまり意味がありません。

フォロースルーをする一番の利点は、力を流れとしてボールに与えるという事なので、途中で止まったときにはそのエネルギーを断絶させてしまうのです。

腕力があるのになかなか飛距離が伸びないプレーヤーは、これがうまくできてないという事があります。
そのために、まずは打ち抜くという意識を持つことが大切です。

インパクトの前にスピードを緩めないようにして、逆に加速させるようにすると自然な流れの中でフィニッシュまでもっていく事ができます。

その際、スイートスポットにインパクトしなくなってしまうという事がありますが、これから飛距離を伸ばしていくのならばその打ち方に慣れるしかないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ