飛距離を伸ばす事もできる反面アプローチを難しくする、フォローの風

フォローとは、追い風の事です。
ゴルフにおいて、主にドライバーで打つティショットなどでは、ボールをかなり上空に上げる事になります。
上空の方が風が強くなっているので、追い風だと飛距離が伸びる結果に繋がっていることから、フォローのときはボールがよく飛びます。

ミドルホールやロングホールではこれ以上にない好条件なのですが、逆にショートホールだと飛びすぎてしまう可能性もあり、さらに風は読みにくく、どこまでの影響を受けるかも分からないために、ショットが難しくなってしまう事もあります。

またアプローチをするときに使うウェッジは、ボールを打ち上げるために風の影響を受けやすくなってしまいます。
追い風が吹いていると飛びすぎてしまうために、アプローチでも難易度が比較的高くなり得るのです。

シーサイドコースなどは特に風が強く吹いているので、どの方向へどれくらいの強さかという事も考えてショットを打たなければならず、飛距離を伸ばすという事に役に立つ反面、プレーヤーを悩ませるケースも多くあり、コースによってはこの風の強さを計算しなければならない、一年中風が強いところもあります。

また追い風とは逆に、「向かい風」の事をアゲインストと言い、こちらは逆に飛距離が落ちてしまう事から、下手をしたらアプローチでまったくグリーンに届かなくなってしまう事もあります。

また、ボールの性能によっても、ある程度風の影響の受けやすさが変わります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ