扱いが難しいが、上達への確かな道フェアウェイウッド

フェアウェイウッドはゴルフクラブの種類の一つで、フェアウェイから打つ事ができるウッドの事を指します。
一般的にウッドは飛距離が出るという事、そしてヘッドが大きくて扱いが難しいとされています。
特に1番はドライバーとも呼ばれていて、ティショットで使う事が一般的です。
ただし、扱いが難しいときはそれ以下の番手でティショットを打つ事もあります。

主に最初の一打に使われる事があるウッドなのですが、それを2打目以降も使う事だって当然できます。
その中で特にフェアウェイから使う事のあるウッドをフェアウェイウッドと呼ぶのです。

特に規定はなく、ウッドならばすべてがそれに該当しますので現実的ではないのですが、ドライバーだってそう呼ばれる事もあり使う事だってできます。

ただドライバーはシャフトが長くヘッドも大きいという事で扱いがとても難しく、ティに乗っているボールならいざ知らず、地面に接しているボールを打つのはかなり難しくなっています。

基本的には3番当たりからが現実味を帯びて使われる事になります。

基本としては7番当たりからです。
ただしそれならばアイアンでも良いのではないかと思われるので、そのあたりは好みです。

ただし、下手にフェアウェイウッドを使おうとして地面を余計に削ってしまったり、大切なクラブを痛めてしまう危険性もあります。
ウッドはティのみで使うという選択肢もありです。

しかし、上達のためにはこれを扱えるかという事が大きな分かれ道になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ