救済措置もある落下した球の衝撃によるへこみ、ピッチマーク

ピッチマークとは、ゴルフでグリーンにボールが落ちたときにできてしまう跡の事です。
ボールマークと呼ばれることもあります。
そしてそれができてしまったら必ず直すのがマナーであり、これを怠っていたら、荒れたグリーンとなってしまいます。
そしてグリーン以外でも、穴を作るほどの勢いで打球が落ちる事はあり、これを総称して呼ばれる事もあります。

そのときは専用の器具を使って修復をする事になりますが、これはグリーンフォークと呼ばれています。
使い方としては、まずピッチマークの周辺に突き刺します。

へこんだ方向に芝をたぐり寄せて直していきます。
刺し方はへこんだ方に向かって刺すようにします。

垂直に刺してしまうと、それが芝の根を切ってしまう事になりますので、注意してください。
そして、もしもこのへこみに入ってしまったときは、特定の場合に置いて、救済措置があります。

グリーンエッジ、カラーと呼ばれる、芝草を短く刈っているエリアにボールを置くことが可能です。

罰則なしに拾い上げる事ができ、つまりあまりにも食い込んでしまって、次の一打がどうしても打てないというときは、ペナルティにはならないという事です。

ただし、それは中に入っているときであって、もしもボールが中から出ている状態で、ピッチマークが邪魔をして次のショットがやりにくくても、救済はできません。

また芝生を短く刈ってあるという事から、深いラフなどにはこのルールは適用されない事になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ