グリーンを正確に狙うための、ピッチエンドランの方法とは

ピッチエンドランは、アプローチの手法の一つで、ボールをある程度高く上げた後にグリーンに乗せて、転がりを利用してピンに寄せる手法です。
アプローチではよくバックスイングが使われますが、これはオンさせた位置に近いところで止める、または逆方向へのスピンを利用して近づける手法なので、正反対の技という事が言えます。
ピッチエンドランの打ち方としては、まずグリーン場の落とす位置と、そこからの転がりを計算して狙いを定めます。

そして状況に合わせてアイアンからサンドウェッジなど適切なものを選ばなければなりません。
スタンスは狭めにとって、クラブコントロールをしやすくします。

体重はやや左足にかけるようにしてオープン気味にします。

ボール位置は体の正面に来るようにして、グリップは自分がコントロールしやすくなるように短めに持って、ハンドファーストでボールを捉えられるように、手の方がボールより前にくるようにします。

アドレスするときの注意点としては、確実に狙いにいくようにフェースが開いたり閉じたりしないような状態を保つ事です。
そのために、ヒジとワキは固定した方が良いでしょう。

スイングはコンパクトに行って、ボールをすくうようなイメージで飛ばします。
距離感についてはバックスイングの大きさで調整するようにします。

力で飛ばすのではなく、遠心力で打ち出すためです。

このようなバックスイングの多い差で距離を調整するという事は、練習によって感覚を掴んでおけばそれほど難しいものではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ