スライスが治った脱初心者が陥る症状、ひっかけ

初心者が最初にゴルフで陥ってしまう厄介なものと言えば、スライスです。
これはフェースが開いてしまっている状態で打つ事に原因があって、ヘッドコントロールができるようなスイングが身に付くと、徐々になくなってきます。
この辺りから脱初心者だと言えるのですが、そのあとに厄介になるものが「ひっかけ」です。
フェースを開いてしまうのを気をつけるあまりに、今度は閉じすぎてしまってフックが出てしまうというもので、これが出るのは何も脱初心者には限らず場合によっては初心者から出てしまう事もあります。

原因はフェースの開きにあるので、インパクトのときに気をつければと思うかもしれませんが、実際にそこまでのヘッドコントロールの技術があれば、もともとひっかける事はないでしょう。

最初に見直さなければならないのはスタンスです。
アドレス方向としては目標位置の左を向くようなスタンスにして、ボールの位置は左寄りにしましょう。

そしてクラブフェースの管理ですが、閉じながら上げるのではなく、テイクバックのときは水平を意識して、正面からインパクトをさせる意識を持ちましょう。

そういった技術的なものだけではなく、まっすぐ打ちたい、目標に飛ばしたいなどの、初心者のときはなかった気負いが体を硬くしてしまって、スイングを狂わせてしまっているという事があります。

こういったときは反復練習をして、正しいスイングを体に覚えさせる事が大切です。

引っ掛けたときに、自分の力がいつも以上に入っていたと感じた人は、メンタル面から気をつけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ