アイアンの特性を左右するバンスの性能とは

バンスには二つの意味があって、アイアンなどのクラブヘッドのフェースの一番のライン、リーディングエッジと、その逆の、裏側の線トレーリングエッジを結んだときに、クラブに地面をつけると地面とは角度が違ってきます。
この角度の事を指す事もあれば、サンドウェッジの後方の膨らみをさす事もあります。
まず角度の方についてですが、角度があまりないようなものならば、比較的固いコースに向いています。

またスイングをするときに、あまり深く打たない人はこの低い角度のものが向いているでしょう。
アプローチショットの時にフェースが開きやすいという人にも、その矯正のために向いています。

逆に少し角度が合ったものを使う人は、ヘッドの入射角が深いスイングをする人に向いています。
そして、柔らかいコースで使うにはぴったりです。

全体的に、ある程度は合った方があらゆるコースに対応させるという事ができます。
そしてサンドウェッジのバンスについてですが、こういう言い方をするときは角度ではなく膨らみの事を指します。

ここが膨らんでいる事によって砂に潜らなくなり、砂を爆発させるようにバンカーからの脱出をする事ができます。

エクスプロージョンショットと呼ばれる手法で、これをするためにはバンスが大きくなければなりません。

サンドウェッジに関しては角度よりも、それが大きくなっているかを確認した方が良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ