固いグリーンへのアプローチには必要不可欠なバックスピン

バックスピンはアプローチショットでよく使われるテクニックです。
グリーンに落ちたボールがバックスピンがかかっていて、止まったと思ったら進行方向の逆に戻ってきてそのままカップインする、などのシーンは非常に劇的で、テレビのスポーツニュースなどでも放送されますが、本来の目的はカップに入れるためのスピンではありません。

もちろん、それを狙っていくという事は考えられますが、一番の主目的はグリーン上でボールを止めるという事になります。
グリーンは芝の状態によって変化しますが、固い芝で短く刈り込まれていたら、ボールがその上に乗ったらよく滑って止まらなくなります。

通常のグリーンオンのアプローチでは、たとえ乗ったとしても、ランをして転がってしまい、大きく狙った位置からずれてしまうという事も考えられます。

そこで止めるためのテクニックが、バックスピンになるのです。
それが戻ってカップインしたり、いい位置につけるなどは副次的な要因です。

実際にそれをかける方法ですが、簡単に言ってしまうと、番号の高いアイアンで、ボールの下側をインパクトする事によって、自然とかかるようになっています。

また、一番手っ取り早いのは、ボールを変える事です。
スピン系と言って、かかりやすいボールが販売されていますし、プロも多く使っていますので、これを利用することが簡単です。

もちろん、きちんとした打ち方ができるのが一番なのですが、初心者の方はボールの性能に頼る事も可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ