脱初心者のためには、ハンドレイトを解消する

ハンドレイトはヘッドファーストともよばれていて、インパクトのときにヘッドがグリップよりも先にきている事を指します。
この状態で打ってしまうと、ロフトが寝てしまっているので思ったように打ち上げる事もできず、さらにロフトへの入射角もずれてしまい、フェースも開いてしまうことになりるので曲がってしまいます。
また、バックスピンが多いのも特徴です。

プロゴルファーの中にはこの性質を利用して、アプローチにこれを取り入れている人もいますが、そんな事が実際に可能なのは一握りのコントロールに長けた人だけで、普通のプレーヤーにとってはあまり好ましくない構え方になります。

特に初心者は自然とこのような構えになっている事が多く、脱初心者のためには、ハンドレイトを解消する事が目標の一つにもなります。

最も簡単な解決策はスタンスした時のボールの位置をやや右に設定する事で、そうする事で自然と解消されます。
ただし位置を変えただけなので根本的な解決にはなっていません。

ですからしっかりとグリップを握ったときに、クラブヘッドをやや後方にくるように設定する事が大切です。

初心者にとっては今までとかなり感覚が違って打ちにくいと思うのですが、アイアンを使っていればしばらくやっていくうちにハンドレイトでは出なかったような快音が聞かれるようになるでしょう。

それほどこの打ち方をしていたら、アイアンではろくに飛ばないと言われています。
だから、練習するときはアイアンをオススメします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ