法面からのショットには、下半身を安定させてバランスをとる事が必要

法面は、のりめん、と呼びます。ゴルフでは傾斜地の斜面をさす言葉として使われますが、一般的な意味でも同じように使われています。
自然を相手にするゴルフですから、時にはとんでもない傾斜に捕まってしまう事もあれば、傾斜が邪魔をして打つべき方向が見つからないという事もあります。
またその裏面にボールが乗ってしまったら、そこから打ち出すのも難しくなります。

なぜならば、平地ではないのでスタンスをとる事が難しくなるという事がその最大の理由です。
傾いた地面からボールを打ち出すというのは、いつもと同じスイングをしていたら、ボールにヒットさせるのさえ難しくなります。

普段の練習でも練習する事はまずないので、ラウンドになって初めて体験するという事もあります。
だからこそ裏面でのショットは、スコアを落としてしまう結果に繋がってしまいます。

さらに名門や有名なコースの中には、アンジュレーションが厳しいものもあり、自然とこういったショットを要求される設計になっているところもあります。

できる限り成功させるためのポイントとしては、まずスタンスをしっかりと固定させる事です。
下半身を安定させる事によって、上半身がいろいろな動きに対応させる事ができます。

さらに少し大きめに構えてバランスをとって、スイングのときに崩れてしまわないようにします。

かなり厳しい傾斜ならば、ベストではなくそこからまず抜け出すという事を重点に置いてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ